The University of Shiga Prefecture with Community

スタッフ紹介

鵜飼  修
(准教授)

 近江環人地域再生学座、近江楽士(地域学)副専攻を担当しています。近江環人地域再生学座は「まちづくりの担い手育成」プログラム。大学院生と社会人を対象に、自らの実践・経験・研究してきた実践的なまちづくりのノウハウ(地域診断やコミュニティ・ビジネスなど)を教授しています。
 近江楽士(地域学)副専攻は、近江環人地域再生学座の学部版。地域診断やコミュニティ・マネージメントなどの基礎的な内容を学部学生のレベルで身に付くよう指導しています。
 まちづくり活動はひとりひとりが実践することに意味があります。自らも全国各地のフィールドでの実践を行いながら、よりよい社会の構築、地域まちづくり人財の育成を目指しています。

   
上田洋平
(助教)

 「近江楽士(地域学)副専攻」及び「大学院副専攻近江環人地域再生学座」を主に担当。「地(知)の拠点形成(COC)事業」も含む地域教育プログラムや地域再生関連事業に全般的に関わっています。
 専門は地域文化学。人間にとって「からだ(物質/自然性)・こころ(関係/社会性)・たましい(時間/歴史性)」の存立の根拠地である「在所」の意味を問い直しながら地域の人びとと共にその来し方行く末を考えています。実践手法として開発した「心象図法」による「ふるさと絵屏風づくり」すなわち「地域の過去を育てて未来を創る」運動は、滋賀を中心に40あまりの地域に広がってきました。
 「文化は "めぐみのめぐりあわせ"である」を合言葉に、とりわけ「人というめぐみ」の「居合わせ」から人と地域の「仕合せ」が生まれる場をつくることが自分の使命だと思っています。

森川 稔
(特任准教授)

 都市計画のコンサルタントとして、都市・地域計画やまちづくりなどに、長い間、関わってきました。その延長で、地域活動やNPO活動、地域の担い手の育成などに関わっています。
住まいは大津です。自分たちが暮らす地域を、住民が主体になって、住みよく元気にし、次代に引き継いでいく。 今、そんなことに関心があります。地域の一住民としてそうした活動に関わっています。
市民劇団のメンバーとして舞台で演じたり、落語の出前高座を務めたりもしています。地元のコミュニティFMのパーソ ナリティもやっています。
これまでの経験を活かして、学生の教育に携わるとともに、地域のお手伝いができれば、と思っています。

 
 
秦 憲志
(主席調査研究員)

 長らく地域シンクタンクで公共政策の研究や実践を通して、県内の地域づくりやまちづくりの現場に関わってきました。大学では、近江楽座の活動を支援し、学生の力や学生たちが成長していく姿に出会えるのが何よりの楽しみです。地域の方々にも本当にお世話になっています。
学生から学生へとうまくバトンを渡してもらって、大学と地域の様々な関係づくりを実践し、地域での新しい価値づくりに少しでも役立っていきたいと思っています。
地域コミュニティ活動やNPO活動、地域資源の掘り起こし、協働によるまちづくり、森林づくりと森林資源の活用、文化的景観の保全、集落空間の形成や変遷、空間管理などに関心を持っています。

 
   
前川瑛美梨
(職員、近江楽座担当)

 近江楽座の事務局で各プロジェクトチームの活動サポートや広報などを担当しています。近江楽座とは、学生の主体的な地域貢献活動を支援する教育プログラムです。
 私も近江楽座で活動していた学生の一人でした。地域で活動を行う中で多くを学ばせていただきました。学生にも活動を通して大きく成長してほしいと思っています。その成長のお手伝いができること、嬉しく思います。